提案するのは見えない「」と「空気」です

バリアフリーといっても、いまや階段の手すりや段差なしは常識です。
これからはそれに加えて、部屋と廊下、トイレの温度差がない住宅こそ本物のバリアフリーです。

「澄家Eco」換気システム+地中熱の特長


「澄家Eco」は換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)するので、夏はエアコン、冬は暖房等を使用していただくことで、省エネ効果もあります。冬には室内の排気から水蒸気を回収して室内に戻すので、室内の乾燥防止にもなります。

  • 導入コストが安価
  • Eco・省エネ
  • 快適
  • 複雑な機能がなくメンテナンスが容易
  • 健康に配慮

室内の空気のながれ

給気用と排気用のふたつのファンを装備しているので(同時給排気)、建物の気密性能に関係なく安定した換気が確保できます。

夏:熱交換で涼しい室内

冷房省エネルギー(熱交換)のメカニズム

澄家Ecoの『全熱交換器』で、熱い外気を各部屋の冷たい内気で、少々冷やし床下空間に給気します。なおかつ、地中熱(夏の床下は25℃前後のヒンヤリとした空間)が、ベタ基礎に伝わり、床下の冷やされた空気と交じり合ってから室内に給気します。

日本の夏(梅雨)は除湿が重要

空気中には湿度という目に見えないエネルギーがあります。同じ気温でも湿度が高いと蒸し暑さを感じ、低いと快適に過ごせます。
ハワイ(ホノルル) 8月 気温31℃ 湿度58%
常夏のホノルルで快適に過ごせるのは、湿度が低くカラッとしているからです。世界的に見ても湿度の高い日本の夏では、湿度をいかに無駄なく排出し、また室内に取り入れないかが省エネのポイントになります。冷房の消費電力のほとんどは、除湿に使われています。澄家Ecoは、省エネ空調を実現するために、温度だけでなく湿度も交換しながら換気のできる「全熱交換型」の換気システムです。

冬:熱交換で暖かい室内

暖房省エネルギー(熱交換)のメカニズム


澄家Ecoの『全熱交換器』で、冷たい外気を各部屋の暖かい内気で、少々温め床下空間に給気します。なおかつ、地中熱(冬の床下は15℃前後の暖かい空間)がベタ基礎に伝わり、床下の冷やされた空気と交じり合って室内に給気します。

冬は過乾燥対策が重要


冬の空気は冷たく乾燥していますが、暖房によって部屋の温度を上げると更に空気が乾燥します。「インフルエンザウイルス」や「RSウイルス」などのういる祖は、低温低湿を好みます。インフルエンザウイルスは湿度が35%以下の湿度が低い状態では1日経過しても生存していますが、湿度50%の環境では約10時間後にはほぼ全滅します。換気の際に、水蒸気を回収し再び室内に取り入れることは、抵抗力の弱い老人や乳幼児にとって風邪予防に有効な手段となります。